スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【本】りんごは赤じゃない

りんごは赤じゃない 正しいプライドの育て方 山本美芽/著   出版社名 新潮社 ①どんな些細なことであっても、良い行動をしようと「やる気」になったことが「いい」とほめちぎるのである。 ②クラス全員に「ホメ」をゆきわたらせ、「いい子」を加速度的に増やしていくこと ・小さな一歩を見逃さない観察力と、それを認める心を持つ ・相手の中に眠っている「ほめる材料」を、自分で引き出す ・一人だけでなく、全員をほめる ③ものの本質を見抜く感覚は、子どもの自尊心を正しく育てるために必要不可欠だ。 ④人間は誰もが心の底で、自分が輝きたい、人から認められたい、人をアッと言わせたいと思っていることをよく知っているからだ。そして、認められれば、もっともっと力が出る ⑤自信を持つには、自分が輝いていること、頑張ったことが実感できる「何か」を形にすることが必要なの ⑥「自尊心」は他者からていねいに扱われることで生まれやすいが、「プライド」は、子ども自身が何かをやりとげたことによってしか生まれないものだ ⑦全力を出させる指導をしていなかったから、認めることも輝かせることもできないの ⑧人に言われたままに作るのではなく、自分の意志で作り上げる。そこで得られる誇らしい気持ちが、本物のプライドだ ⑨教室を整えることは、子どもの自尊心を高めるだけでなく、子どもの美意識やセンス、イメージづくりにも重要な役割を果たす ⑩子どもの自尊心に「あなたはどう行動するべきなの?」と問いかけながら、自覚・責任感・判断力をはぐくむ。それこそが教師にとって、もっとも忍耐と根気を要するプロセスなのだ ⑪命令は子どもを変えないが、「なぜ、それを行なうべきか」を理解すると、子どもは変わる ⑫行ったり来たりする中で、子どもは育つ ⑬当たり前のことを、一つ一つていねいにやっている、その積み重ね ⑭人に認められる喜びを、すべての子どもに経験させたい ありがとうございます。
スポンサーサイト
プロフィール

Teru3128

Author:Teru3128
小学校、特別支援学級の担任です。
今年度で教職14年目。
教師修業をぼちぼちと進んでいます。

本年度は、特別支援学級における「道徳授業」を追究する一年間です。
失敗から見えてくるものを大切に、授業実践の楽しさに浸っています。

そして、今年は有田実践からも学び広めていきます。

心を耕し、技術を磨いていきます。
よろしくおねがいします。

ありがとうございます!
ハッピー

ジオターゲティング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。