スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもたちから学んだこと

先日のオリエンテーション合宿での出来事である。 交流学級である1年▲組の中に入っての活動。 最初のドッジボールでは,どう動いていいのか分からない。相手も,◎男に当てていいのか分からない。ラインを無視してボール持って行ってしまう,当たったら倒れたまま…かなり「はちゃめちゃ」であった。 次の大縄。仲間の中に入るがなかなか跳べない。1回跳べただけで感動。記録をとった際も,▲組は1回。その後,▲組の女子が泣く。「◎ちゃん,がんばっているのに,他の男子が集中してくれない」。 最後の全員リレー。▲組は自然と集まり作戦決め。◎男も走った。 が,なかなか上手く走れない。 その時である。 ▲組の何人かが◎男と併走し始めたのである。 ◎男は途中転んだのだが,助けてあげてゴールまでたどり着いた。自然とそのような行動が起きたことに,深い感動を覚えた。 交流で4人が入り,このような行事での関わりを通して,支援学級の生徒・交流学級の▲組の生徒,それぞれが1年後には他のクラスとは違った成長ができるのだと確信した。支援学級担任冥利に尽きるスポーツ大会であった。 ありがとうございます。
スポンサーサイト
プロフィール

Teru3128

Author:Teru3128
小学校、特別支援学級の担任です。
今年度で教職14年目。
教師修業をぼちぼちと進んでいます。

本年度は、特別支援学級における「道徳授業」を追究する一年間です。
失敗から見えてくるものを大切に、授業実践の楽しさに浸っています。

そして、今年は有田実践からも学び広めていきます。

心を耕し、技術を磨いていきます。
よろしくおねがいします。

ありがとうございます!
ハッピー

ジオターゲティング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。