FC2ブログ

「校訓」「校歌」を指導の中に入れる

文科省のHPというのは、誰かからのご指導や薦めがないと見ることが少ないのだが… 今回もあるHPで紹介されていたので覗いてみた。 中央教育審議会からの配布資料に「「心を育む」ための5つの提案」というものがあった。 実際に覗くといろいろな発見がある。 今回、私がこの資料で取り上げたいのは、 「校訓を見つめ直し、実践する」 というものである。  学年始めや長期休暇明けなど、各学級で生徒に目標設定をする時間を作っている。  しかし、よく考えてみると、その目標をたどっていくと「校訓」につながらなければ、その学校で教育することは難しくなると思う。 「校訓」の具体化…具体的行動までかみ砕いて指導しなければならない。  また、「校歌」についても授業で取り上げたい。  その学校の歴史や特徴としていることが分かる。同じ地区の他小・中学校の「校歌」の歌詞を読み比べても気づくことが出てくるだろう。    これらの実践は、「地域を大切にする視点」を育てることにもつながると考える。  初任の時「校訓と学校教育目標は暗唱できないとな」と指導を受けた。「学校教育目標の暗唱」…恥ずかしい限りである。 ありがとうございます。
スポンサーサイト



プロフィール

Teru3128

Author:Teru3128
小学校、特別支援学級の担任です。
今年度で教職14年目。
教師修業をぼちぼちと進んでいます。

本年度は、特別支援学級における「道徳授業」を追究する一年間です。
失敗から見えてくるものを大切に、授業実践の楽しさに浸っています。

そして、今年は有田実践からも学び広めていきます。

心を耕し、技術を磨いていきます。
よろしくおねがいします。

ありがとうございます!
ハッピー

ジオターゲティング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR