スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石川晋さんの著書を読んで思い出したこと

石川晋さんの著書『学校でしなやかに生きるということ』読了。
いろいろなことが頭によぎった。

その2,3を記す。

公立学校で生きるということ

 私は、幼稚園以外は公立の小学校・中学校・高等学校、そして国立の教育大と過ごしてきた。
 その中で、思い出として頭に浮かぶのは、小・中学校時代のものである。
 大学時代は現在とのつながりもあり、思い出という感覚が薄い。そして、高校時代については、思い出と呼べるものがほとんどない。
 別にそれぞれの時代を特に変わった過ごし方をしていないと思うのだが、この違いはなんだろうかと考えることがある。
 その時に、答えの一つかなと思い当たるのが、「小学校・中学校は、いろいろな奴がいたもんなぁ」というものである。
 高校・大学は受験によって選別される。学力的には近い者たちが集うわけだ。大学については、教員志望という将来についても近寄った者が隣の席で学んでいるという生活だ。
 それと違って、公立の小中学校は、ただ「ご近所で生活している」ということだけで、同じ教室で生活をする。そこにはお金持ちもいれば、片親もいる。特別支援学級も整備されていなかった時代なので、支援を要する児童(雑に言えば、ちょっとこ変わった子)も、一緒にいたのだ。異質の塊なのだ。
 異質だからこそ、受け入れがたいところも当然出てくる。いじめられることもあるし、相手を替えていじめることもある。ケンカの約束などという不可思議なことをすることもあった。
 しかし、そこで認め合えると生涯の友となったり、初恋が芽生えたり、人生の歩みの中で常に気に留める存在となっていったりするのも、この異質の塊の中で起きたりするのだ。
 これこそが公立小中学校の存在意義なのだ。私は、この9年間を過ごすということは、人格形成に大きな影響を及ぼすのではないかとさえ考えている。

高校・大学・就職と均一化されていく。それは異質な者を排除しているといってもよいのかもしれない。効率という観点では、同質のほうが扱いやすいだろう。
しかし、広い世界に出れば出るほど、そこは自分とは異質な者しかいないということに気づかされる。そして、高校・大学・就職と均一化されたと思っていたところも実は、自分と同じ人はだれ一人としていないということを認識する。そこで生きるということは、小中学校時代の状況と近いのかもしれない。
公立の小中学校で生活するということは、石川晋さんも著書で言う「ぼくらの国の、ここから十年の縮図みたいなものが小学校中学校の中にある」ということとつながるのかもしれない。
 
 もう一つは、「(支援学級在籍の児童生徒は)この地域で生活し、大人になっていく可能性が高い。学校を出て後、彼らを支えてくれるのは教師ではない。彼らの同級生なんだよ。だから、交流授業で互いに認め合うことが必要なんだよ。」という話を、特別支援学級担任になった際の最初の主任からいただいた。私が常に心がけている言葉のひとつである。
 公立においては、小学校でのつながりが中学校までつながる。これは良い意味でも悪い意味でも事実である。そして、このことは大人になり、地域社会に出たときまで残るものである。だとしたら、より良い方向に進めたい。それには、互いを知り認め合うことしかない。これができるのが、学校である。
学校だからこそ、集団で共に生活をするからこそ、互いの良さを認め合うことができ、衝突してもそれをケアし合うこともできるのだ。このことが、特別支援学級在籍生徒の将来の生活を支えるものとなるのだ。だからこそ教師は、支援学級在籍生徒だけでなく、その周りの生徒も育てていく必要があるのだ。
スポンサーサイト

楽し!森博嗣さんのエッセイ

森博嗣さん、小説がドラマ化されたのでご存知の方も多いだろう。
しかし、ここで話したいのは小説ではない。
森博嗣さんのエッセイが面白い!
初めて手にしたのは…あぁ、ダークサイドに侵されていた時ですね。
かなり肩の荷が下りた心地になったことを覚えています。
簡単に言えば、
こういう見方・考え方も、アリだよなぁ
ということです。
・つぶやきのクリーム
・つぼやきのテリーヌ
・つぼねのカトリーヌ
・常識にとらわれない100の講義
・『思考』を育てる100の講義
・素直に生きる100の講義
ほぼ見開きで話が完結していますので、読みやすいと思います。

読書まとめ 1月前半

【読書 1/1~19】
※冬休み中もあるので、若干多め。

1 まごころの本 坂村真民・殿村進 春陽堂書店 1993
 坂村さんの詩、心にしみる。殿村さんの画も美しい。何度も読み返したい。

2 数字が語る現代日本の「ウラ」「オモテ」 宇田川勝司 学研新書 2009
 再読だが、アッとさせられる数字が多いなぁ。データで見ることで日本の見方がまた深まる。

3 「ビミョーな未来」をどう生きるか 藤原和博 ちくまプリマー新書 2006
 「正解」ではなく、「納得解」を求めていくというのは、現代の日本社会では必須の社会スキルであろう。

4 価値ある出会いが教師を変える 佐藤正寿 ひまわり社 2008  佐藤先生に2月、お会いしたいなぁ。佐藤先生のライフヒストリーから学べるところ多い。...

5 感動力 平野秀典 サンマーク文庫 2007
 再読して、違うところに線を引いている自分がいた。感じるところが変わってきているなぁ。

6 私はなぜ80歳でエベレストを目指すのか 三浦雄一郎 小学館101新書 2013
 再読したが、三浦さんの熱のこもった言葉が強く訴えてくる。

7 サービス哲学 窪山哲雄 インデックス・コミュニケーションズ 2003
 サービス業としての教師の在り方を考える際に参考になる。教師も人と人とのかかわり。共通するところは多い。

8 野心のすすめ 林真理子 講談社現代新書 2013
 昨年のベストセラー。奇代の小説家の考えを知ることができる。

9 授業のどこを見られているか 有田和正 明治図書 1995 
 子どもの見方が書かれている。技術よりも有田先生の思想・教育観・子ども観を学ぶことができる。

10 「プラス思考法」で子どもは驚くほど変わる 勝又明幸 明治図書 1996
 今まで読んだ教育書とはまた異質な感じを受けた。勝又先生の教育観、非常に共感できる。新たな学びを得ることができた。星島先生に感謝。

11 清水義範のほめ言葉大事典 清水義範 白泉社 2004
 「誰がほめるか」が大切。ほめることも関係性で成り立つもの。台車ン社から見て良く分からない言葉でも、関係性でほめ言葉になる。

12 「福」に憑かれた男 喜多川泰 総合法令出版 2008
 さわやかな読後感に包まれる。喜多川さん、いい物語だぁ。

13 自分超え 松田丈志 久世由美子 新潮社 2012
 再読。技術だけでなく、人間性を磨くことの大切さが説かれている。どの分野でも成功している人の共通項である。

14 掃除サボリの教育学 家本芳郎 学事出版 1987
 「清掃指導」の原稿を書く上で、読んでおきたかった一冊。時代を感じるなぁ。今に通じるところも確認できた。

15 一流とは何か 大鵬 大鵬 KKロングセラーズ 2008
 再読。努力の継続によって横綱という地位を得たことがよく分かる。

16 毒舌訳 哲学者の言葉 有吉弘行 双葉文庫 2013
 こういう言葉遊び、大好きである。違った思考をするなぁ。

17 どの子も必ず身につく 書く力 森川正樹 学陽書房 2013
 ネタとして使えるものはあった。

18 一冊の本が学級を変える 多賀一郎 黎明書房 2013
 多賀さんの思いが詰まった一冊である。さらに読み深めたい。ブックリストも大変参考になる。

19 学級の子ども一人一人のとらえ方 戸田正敏編 明治図書 1997
 ざざっと斜め読み。

20 子どもを伸ばす教師の知恵QA 有田和正 明治図書 1995  有田先生の本の中では異色。全編QA集。問われることで語られることもある。最後は厳しい言葉も

21 つぼやきのテリーヌ 森博嗣 講談社文庫 2013
 森さんの思考法によって私の思考も開眼された。こういう考えをしても自由なのだという感覚を得ることができた。

22 キャリア教育のウソ 児美川孝一郎 ちくまプリマー新書 2013 課題については、私も思っていたところも含まれていた。解決策については、うーん、これ今もやってるよなぁという感じ。

23 4年生の「学習技能」を鍛える 勝又明幸 明治図書 1997  勝又先生の言葉・学級の子どもたちの言葉に、多くの刺激を受けた。こんなステキな先生もいるのだ

夏読書(7/20~8/20)

エピソードで語る教師力の極意 堀裕嗣
エピソードで語る教師力の極意 石川晋
エピソードで語る教師力の極意 山田洋一
エピソードで語る教師力の極意 中村健一
エピソードで語る教師力の極意 岩瀬直樹
エピソードで語る教師力の極意 糸井登
エピソードで語る教師力の極意 金大竜
エピソードで語る教師力の極意 赤坂真二
エピソードで語る教師力の極意 青山新吾
エピソードで語る教師力の極意 佐藤幸司

なぜ日本人は「ごんぎつね」に惹かれるのか
「ごんぎつね」の〈解釈〉と〈分析〉鶴田清司
国語科「言語活動の充実」事例 岩下修
「楽しく分かる」文学教材の授業選集 須田実
読みの指導における日本語  小松善之助
教材「ごんぎつね」の文法 小松善之助
イメージを育てる読み 深川明子
教材研究の条件  二瓶弘行
国語科発問づくりの上達法 小山弘一 野田芳明
国語科発問の定石化  大森修
教材別・単元展開の可能性に挑戦する4「ごんぎつね」の授業 成家亘宏
写真で授業を読む③国語科「ごんぎつね」野口芳宏
読みを深める授業分析 小学4年

国語発問づくり10のルール 多賀一郎
多賀一郎の国語の授業の作り方  多賀一郎
国語の授業力を劇的に高めるとっておきの技法30 岩下修
子ども集団の動かし方 加藤辰雄
黒板メッセージのススメ 志賀廣夫ら
学級通信づくり入門  鈴木美子
カンタンでグッとくる「見つけ学習」のすごさ

ヒューマニティーズ 教育学 広田照幸
新しい時代の教職入門  秋田喜代美・佐藤学
基礎学力を問う 東京大学 学校教育高度化センター
読み書きにおける論理的思考 宇佐美寛
大学の授業  宇佐美寛
作文の論理   宇佐美寛
14歳からの社会学 宮台真司

よわむしのいきかた。 神岡学
子供に読み聞かせたい日本人の物語 占部賢志
君と会えたから  喜多川泰
自己を変革するイチロー262のメッセージ
名ばかり大学生 川本敏浩
ゲームにすればうまくいく 深田浩嗣
五館で磨くコミュニケーション 平本相武
「意識の量」を増やせ!齊藤孝
学校で出来ること出来ないこと 外山滋比古
夢の実現 ツキの10カ条  北原照久

心ってこんなに動くんだ  西條昭男
コミュニケイションのレッスン 鴻上尚史
どうぶつはいくあそび  きしだえりこ
ドラことば 小学館ドラえもんルーム
今日もていねいに。 松浦弥太郎
君の可能性 なぜ学校に行くのか 齊藤喜博
清水義範のほめ言葉大事典  清水義範
バカはなおせる 久保田競
授業の技を磨く研修の在り方を問う 有田和正
江口克彦 若さに贈る201のメッセージ

「本気で生きる」以外に人生を楽しくする方法があるなら教えてくれ  武藤貴宏
マンガ・ストーリーのつくり方  武田正敏
采配  落合博満
学校は教わらなかった人生の特別授業 木下晴弘

落合流から学ぶ 落合博満著『采配』を再読して

 久しぶりの再読。サイドラインの様子を見ると、5度目の読みになる。同じ個所へのラインが増えたところもあるし、初ラインもある。再読の面白いところである。
 改めて思う。落合さんの考え方が私は好きである。野球に対する厳しさは誰よりも野球を愛して、大切にしているからであろう。そして、「常に自分で考える」。だからこそ、その考えが胸に響く本となるし、学ぶところが多い。どれも、実践をくぐらせて発せられた言葉だからである。

①要は、自分だけができるつもりになるのではなく、「誰が見ても試合でできると思えるレベル」まで、自分のパフォーマンス(仕事)の質を高めていくしかない。
 自己満足の仕事で止まってはいけない。常に見てもらう・斬ってもらう場に自分の身を置くことが必要である。現状では、学級通信は鈴木健二先生やゼミ生に斬っていただいている。授業についても、他校と比べると年3回の研究授業ということでご指導を受ける機会は多いかもしれない。でも、まだまだだなぁと感じている。どうしても自分自身へ甘えの気持ちが起こってしまう。
 できる「つもり」で止まっていることが一番怖いことである。落合さんは「30代で何をしていくのかが極めて重要だと思う」とも言っている。とどまっている時間はない。30代でやるべきことはいっぱいある。そのためには「常に斬られる場所に身を置く」ことが私の成長にとっては必要である。

②高い技術をもっている人ほど、その難しさを熟知しているからこそ、第三者に伝える際にはシンプルな表現を使おうとする。それを聞き逃さず、重要なヒントをつかみ取ってもらいたい。
 これも最近、よく感じることである。私自身、読書や話を聞かせていただいた際に、本当に大切なところを読み取れていない・理解できていないと思うところが多いのである。シンプルであるが故に気に留めないところがある。シンプルな言葉は、心地よく頭に入ってくる。しかし、そこで自身の思考が止まってしまうところがある。本当は、その言葉を自分で咀嚼したり、背景を探ったりすることが真の学びであろう。 有田和正先生の初期の本は、読みにくい。ということは、今書かれているものは、シンプルな表現なのだろう。分かりやすいのであるが、本当の意味で分かっているかどうか怪しくなってくる。シンプルな表現ほど、それを「重要なヒント」として、能動的に「つかみ取る」ことが必要である。

③「心技体」ではなく「体技心」
 最近の教育書を見ると、「教師の人間性を高める」といった、心を大切にした実践がよく取り上げられている。私はこの傾向に若干「?」をもっている。教育技術に関しては出尽くしたからか。新たな記述は創出されないのか。落合さんは「技術を身につけて自信を得るしかない」「どんな人でも、何かの技術を身につけようと、ひとつのことに打ち込めば、性格や考え方にも変化が生まれるのだ」と言っている。20年前の教育書、教育技術が満載である。今でも読めるものばかりである。「技術と人間性」…これもバランス論ではあるが、若手はやはり教育技術を手に入れ磨くことは徹底しておこなうべきであろう。 若手から「技術よりも人間性」と言われてしまったらどうしようか。「いや違う。技術に『裏打ちされた』人間性である」と、今の私なら答えるだろう。


(おまけです)
一人への選手への采配で、チーム全体の空気が変わる…有田先生の言う「まずは、一人を鍛える」に通じるところ。

模倣とはまさに、一流選手になるための第一歩である・・・勇気づけられる

こちらからは教えないし、育てようともしない。ただ、私に突っかかってくるのなら、いくらでも相手になる。昔の職人の世界なのかもしれないが、時代が移り変わっても、それがプロフェッショナルというものなのだと思っている…同僚に対してはこの意識が強いなぁ

組織に必要なのはチームリーダーではなく、個々の自立心と競争心、そこから生まれる闘志ではないか。メンバーの一人ひとりが自立心をもち、しっかりと行動できることが強固な組織力を築いていく。つまり、一人ひとりが自分なりのリーダーシップを備えていれば、チームのリーダーなる存在は必要ないと考えている…私の学級づくりに近い考えである。リーダーは確実に育つ(育てる)ことができればいいのだが、どうも「『チームリーダー』という“亡霊”が、選手個々の自立心を奪う」という方向に陥りがちである。そのため上記に近い考えをもって学級づくりを進めている。

「いつもと違う」にどれだけ気づけるか…学級づくりで教師が落としてはならない感覚であろう。そこで障害となるのが「固定観念」。「固定観念」を取り除く癖を身についておく(修業していく)必要がある。「固定観念」を取り除くことができれば、常に新しい感覚で教室・子どもたちを見ることができる。これは絶対、楽しいことである。

ミスは叱らない。だが手抜きは叱る…叱るポイントの一つになるだろう。

下(若手)からの突き上げが弱くなっていること…肝に銘じたい
プロフィール

Teru3128

Author:Teru3128
小学校、特別支援学級の担任です。
今年度で教職14年目。
教師修業をぼちぼちと進んでいます。

本年度は、特別支援学級における「道徳授業」を追究する一年間です。
失敗から見えてくるものを大切に、授業実践の楽しさに浸っています。

そして、今年は有田実践からも学び広めていきます。

心を耕し、技術を磨いていきます。
よろしくおねがいします。

ありがとうございます!
ハッピー

ジオターゲティング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。