スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽しむときはバカやろう。でも、やる時はやる。けじめをもとう。

あなたという教師と1年間を共に過ごす子どもたちに、どんなことを身につけさせたいと考えますか。
 ・常に規律をもつ   ・周りに迷惑をかけない  ・学力を向上させる etc
 私は、「けじめ」を大切にしています。
 とはいっても、難しいことや堅苦しいことは言いません。

【やるときはやる。楽しむときは楽しむ。】 
この一言が、私の考える「けじめ」です。

 さてスローガンだけでは子どもは育ちません。手立てが必要です。
 私の考えるけじめを指導するためには、まず、「やるとき」と「楽しむとき」の双方が必要だということです。
 子どもたちに全時間「やれ」「がんばれ」と言ったところでできないことは明らかです。「楽しいことが待っているから、がんばろう」。これならできます。そして、取り組めた子どもたちには「がんばれたから、楽しめる」というように伝えます。
 もう一つは「楽しむときは徹底的に楽しむ」ことです。どれくらいかといえば、楽しんでいる子どもたちが「こんなに楽しんでしまっていいのか」「こんなこと学校でやったことない(やっていいのか)」と思うほどです。
楽しい経験をしているからこそ、子どもたちはそれに向けて努力を積み重ねることができるのです。徹底的に楽しむことは、その後の「やるときはやる」という行動を引き出すことにつながっているのです。
最後に、「教師も一緒になって『やるときはやる』『楽しむときは徹底的に楽しむ』こと」です。最初の段階では教師が引っ張っていくぐらいでもいいでしょう。身近な大人が一生懸命やる・バカをしているということの教育的効果は計りしれません。あまたある教育技術を凌駕するといっても過言ではないでしょう。
「やるときはやる」「楽しむときには楽しむ」というのは、子どもたちにとって分かりやすいものです。「今は、このことをがんばればいい」「これだけに集中すればいい」と、支援を要する児童生徒にも有効な指導であると考えます。

この指導の本当の肝は、「教師である私自身が無理なくできた」というところにあると考えます。これより素晴らしい指導は山ほどあります。実際、そのような指導ができれば子どもたちをもっと伸ばすことができるかもしれません。しかしながら、それを一年間続けることができるかと言われると、正直難しいのです。無理が出てきてしまうのです。
一人の教師ができることには限界があります。そして、一人ひとりの教師には長所も短所も持ち合わせています。その中で取捨選択をして指導をしているのです。指導が通る、通らないというのは技術面の課題もありますが、教師自身が「己をきちんと認識できているか否か」も大きいのです。素晴らしい指導とあなたができる指導は決してイコールではないでしょう。まずは、今のあなたができる指導を真摯に続けることこそが、子どもたちを伸ばす指導なのです。そして、教師の力量を高めることにもつながるのです。真摯に続けることによって次の段階が見えてきます。自分でみつけられたものは本物の力になります。
スポンサーサイト

2016年仕事始め

仕事始め。
日直、終日勤務からスタート。
・書き物…実践集、通信、レポート
・読書
・年頭、構想
・日直業務、デジカメ20台の充電、机の中整理、雑談
いろいろ進んだ一日。

1年生の姿からいろいろ思考。おまけつき

1.一年生がアサガオの植え替えをしていた。土を掘り返して、根っこからていねいに取ろうとしていた。

「これは、おもしろい」と思い、子どもたちの近くにいってみる。
①おたずねをする
「葉っぱは、ザラザラ?ツルツル?」
「緑だけじゃなくて、紫のところとか白もあるね」
おたずねをすると、子どもたちはいろいろ教えてくれる。それらに対して、
②おどろく
「すごい!」「よく見つけたねー!」おどろいてあげると、子どもは得意気になる。
③どうするといいかな。...
この植え替え作業。一年生にとってはなかなか大変な作業。ぶつぶつ言いながらやっている。困っている悩んでいる場面こそ学習のチャンス。「どうするといいかな」と聞いてみる。
根っこの長さに気づき、その価値まで一年生なりに考えられるとおもう。そして、「タンポポはどうだろうか。」など、発展、追究できる。

有田実践を下じきにして、昨日の一年生の姿からいろいろ考えることができた。


2.「担任の、子どもに対する思い」
これのある授業や学級づくりに対しては、強く賛同するし、積極的にサポートする。
これが見えにくい場合は、おたずねをする。
「先生はどう思う?」「先生のクラスの子どもたちはどうなの?」

3年目以上の経験積んだ若手には、今年度の私はこの辺りに厳しいかも

ひたすら子どもを見る…原点

子どもたちの指導に行き詰まりを感じたり、どうしたらいいのか分からなくなったりすることがある。
いろいろ試行錯誤をして「進む」ことも一つの策だが、「戻る」という視点も大切にしたい。

指導を進めようとする前に、
【ひたすら子どもを見る】

昨日はこの時間もとった。
「これは、どうにもならんなぁ。」という感じで、教師は動かず、子どもをひたすら「見る」

子どもが私たちの指導のヒントをもっている。ときには答えすら教えてくれることも、よくある。...

「子どもから学ぶ」ことのできる教師は、経験的にこのことを掴んでいる。

子どもを見たからといってすぐに何かが分かるわけでもない。けれども「子どもは何かを伝えてくれている」という先入観をもって見続けることしかできない。

5月17日(土)運動会

運動会終わる。
支援学級の子、私から見たら100点満点のがんばりでした。
参加できたこと、午前中いっぱいがんばれたこと。
周りの真似っこして、ダンスができたこと。
一人でスタートからゴールまで走り切ったこと。

昨年度の運動会に比べると、今回の2年生での運動会、大きく成長した。

私が行事を終えて、全く悔いなしと思えることはほとんどない。それだけに、今回のこの感じはすごく新鮮。


2.運動会、仕事の合間を見て保護者席をぶらぶら。保護者と自然に話ができる大切な時間。

そこに8年前、中学校勤務の時に担任はしていないが、同じ学年にいた生徒(19歳.女性)と談笑。すると、2年前に担任して今は中1の集団と出くわす。彼女との談笑の様子を見ていて...
「先生、私たちと接するのと、変わらんね!」

見事である。いつの生徒と出会っても、私はいろいろ突っこまれ、笑い合う感じ......これでいい、これがいい。
プロフィール

Teru3128

Author:Teru3128
小学校、特別支援学級の担任です。
今年度で教職14年目。
教師修業をぼちぼちと進んでいます。

本年度は、特別支援学級における「道徳授業」を追究する一年間です。
失敗から見えてくるものを大切に、授業実践の楽しさに浸っています。

そして、今年は有田実践からも学び広めていきます。

心を耕し、技術を磨いていきます。
よろしくおねがいします。

ありがとうございます!
ハッピー

ジオターゲティング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。