スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

専門性を高めるために

教科書の販売をしている本屋さんで、 手に入れちゃいました! 山川の『詳説 日本史B』 大学受験で日本史がある者にとって外せない教科書です。 ちなみに私は社会科教師。しかも日本史専攻。 専門性に言えないほど、お恥ずかしい限りなのですが、 この一冊から、この夏に學び直しです。 けれど・・・おもしろいなぁ、この教科書! ありがとうございます。
スポンサーサイト

保護者が語る自閉症児の世界

昨年の8月31日に、愛知県日進市で行われたセミナーについてまとめたものである。 講師は「ウォーリーさん」こと山本浩人さん。 ○ 模擬体験をさまざまな形で行うことができた  ・休憩時のザワザワした様子を録音→聴いてもらう   「さっきの時間、このように聞こえていたでしょうか。感覚過敏のお子さんは、このように聞こえているのです」    ・「用紙にたくさんの丸を書いてください」   →指示の難しさ、日本語の難しさ    ・2リットルのペットボトルを半分にしたものを顔につけてみる   →中心見えるが、周りはボンヤリ  「見え方の体験」   正面から声をかける。見せたりする。  ・軍手をつけた(指先3cmほど余らせる)手で、ワイシャツのボタン掛け   →①一番上から(一番上が難しい)、     ②できそうなところから  ・、「ガンダラムジムジ」のテスト。   一人の被験者に、いったん部屋から出てもらう。   会場の人にネタ明かしをする。   「これから、今出ていただいた方に、机にいすを入れて下さいとお願いします。ただし言葉としては「ガンダラムジムジ」としか発しません。言われた方がどのような反応をするのか見ておいてください。」   入室してきた被験者。   ウォーリーさんの「ガンダラムジムジ」に戸惑い、困った様子。   そこでウォーリーさんがいすの絵を見せると、その方は「座ればいいんですね」と言いながら腰掛けます。   そこでウォーリーさんは、すかさずバシッと一叩きしながら「ガンダラムジムジ!」と、声を荒げながら机にいすを入れる絵を見せます。すると被験者「あ~、そういうことか」と机にいすを入れます。 ありがとうございます。

新聞切り抜き作品創りのコツ

先生のための新聞活用研修会 H18.6.10 中日新聞社 ○新聞切り抜き作品創りのコツ  1 テーマをはっきりと決める           大きなものから、一目で分かるものにしていく  2 記事集め      新聞全体から、たくさんの記事を集める  3 作品づくり      記事選び→分類→テーマの書き方と小見出し  4 レイアウトを考える      線・矢印・イラストなど(カラーペンを使って)  5 思想・意見は必ず入れる      全体をまとめた意見・感想      大事なところをおさえ、分かりやすく      友達・家族・先生の感想・意見を入れるといい  記事集めの期間   ・短期…1か月以内   ・中期…2~4か月   ・長期…5か月以上【オススメ】    新聞切り抜きをしていくことで養われる力   社会を見る目  考える力  継続力    さらに…読解力・選択力・構成力 ありがとうございます。

水谷修先生、講演【H16年】

夜回り先生とともに~子どもと心が開けますか~   H16.10.16 中区役所ホール  水谷修 先生 薬物はやり直しがきかない 教育はしゃべるものではない、待つもの 教師の仕事は「夢売り」 いい大人との出会いを多くもつ→夢をさがさせる 子どもたちを変えれば、世の中が変わっていくのではないか 講演メモを見て、學び直しをしたが、とてつもなくしょぼいメモで愕然としている。 これも成長の証ととらえたい。 ありがとうございます。
プロフィール

Teru3128

Author:Teru3128
小学校、特別支援学級の担任です。
今年度で教職14年目。
教師修業をぼちぼちと進んでいます。

本年度は、特別支援学級における「道徳授業」を追究する一年間です。
失敗から見えてくるものを大切に、授業実践の楽しさに浸っています。

そして、今年は有田実践からも学び広めていきます。

心を耕し、技術を磨いていきます。
よろしくおねがいします。

ありがとうございます!
ハッピー

ジオターゲティング
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。